JCダート コースの特徴

【阪神競馬場 ダート1800m】
ジャパンカップダート レースコースの特徴

スタート地点は正面スタンド前直線の右。スタートしてすぐに上り坂がある。1コーナーまでの距離は303m。ゴール板を通り過ぎてからダートコースをグルリと一周。最後の直線距離は352.5m。残り200mが急坂となっている。ダート戦特有の傾向として、1800mでも前半の3ハロンが最も速くなるが、レースによってバラツキが出てくる。ハイペースだと35秒台、スローペースだと38秒台で最初の600mを入る。その後、中盤からゴールまで一定のペースで流れる。

クラスの差は、前半・中盤・後の各3ハロンのペースで表れる。3歳以上重賞はJCダートのみ施行。1分49秒台必至のレースで、平均勝ち時計もかなり速くなっている。最初の1コーナーまでの距離は、京都ダート1800mよりも若干長めだが、その分外からも先手を奪いたい馬が殺到。前へ行きたいのに内枠で出脚が悪いと、詰まって位置取りが悪くなる。

【有利な脚質と枠順】
枠順傾向は若干1枠が不利で、8枠が有利。少頭数だとあまり関係ないが、多頭数になると逃げ、先行馬は中~外枠の方が競馬がしやすい。脚質は基本的には先行有利だが、派手なマクリ差しが決まることもある。上のクラスで道中のペースが厳しいと、特に差しが決まりやすい。

【種牡馬成績】
トランセンドを輩出したワイルドラッシュが好調。あとはフジキセキ、クロフネ、アグネスデジタル、キングカメハメハ、マンハッタンカフェ、カリズマティックなどが上位。系統の偏りはあまりない。ダンスインザダーク、タイキシャトルは不振。

【クラス別水準ラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(37.2-38.0-38.2=1.53.4)
3歳以上1000万(37.4-37.8-37.5=1.52.7)
3歳以上準OP・OP特別(36.9-37.2-37.4=1.51.5)
3歳以上重賞(36.5-36.2-36.9=1.49.6)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/09/02