シリウスS コースの特徴

【阪神競馬場 ダート2000m】
シリウスステークス レースコースの特徴
スタート地点は芝内回りコースの4コーナーのポケット。最大で芝の上を78m通ってダートコースに入る。あとは、ダート1800mと同じルートを通り、グルリと1周。最後の直線距離は352.5m。残り200mが急坂となっている。芝スタートであることと、しばらく平坦部分を走れることから、前半3ハロンは阪神ダート1800mよりも速くなっている。

平均は各クラスとも35~36秒台。1~2コーナーに入るとペースが落ち着き、向正面も比較的ゆったりした流れ。しかし、この中盤の4ハロンはクラスが上がるほど厳しくなる。そして後半は一気のスパート。ラスト600mで速い上がりを出せる馬が上位入線しやすく、決め手がある馬が有利だ。もちろんスタミナも問われる。

【有利な脚質と枠順】
脚質的には阪神ダート1800mよりもさらに逃げ馬の成績が落ちるが、その代わりマクリが決まりにくくなっている。基本は先行策。差し、追い込みは回収率が低く、力がある人気馬を中心に考えたい。枠順は1枠の成績が極端に悪い。2枠も今一つで内枠はマイナス材料。

【種牡馬成績】
クロフネ、ブライアンズタイムが好調。あとはマンハッタンカフェ、チーフベアハート、カリズマティック、コマンダーインチーフらが上位。ミスタープロスペクター系は数にモノを言わせて、総合では上位の成績。特に割り引く必要はない。

【クラス別水準ラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(35.6-52.9-38.0=2.06.5)
3歳以上1000万(36.0-52.4-37.3=2.05.7)
3歳以上準OP・OP特別(35.6-52.1-36.9=2.04.6)
3歳以上重賞(35.0-51.9-37.2=2.04.1)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/09/02