ジャパンカップダートJapan Cup Dirt)とは
日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場のダート1800mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走(国際招待指定)である。

2000年に東京競馬場ダート2100mの競走として創設されたが、2008年より阪神競馬場でジャパンカップの翌週の日曜にダート1800mで施行されている(関西初の国際招待GI)。国内の全ダート競走において最高賞金額である。

ジャパンカップダート
■ 開催地 阪神競馬場
■ 格付け GI
■ 距離 ダート1800m
■ 賞金内訳 1着1億3000万円、2着5200万円、3着3300万円、4着2000万円、5着1300万円
■ 出走資格 サラブレッド系3歳以上(国際)(指定)
日本馬:レーティングをもとに定める順位の上位
外国馬:10月下旬から11月上旬に招待決定
■ 負担重量 定量(3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)

【ジャパンカップダート 前哨戦】

競走名 格付 団体 施行競馬場 施行距離
シリウスステークス GIII 中央 阪神競馬場 ダート2000m
武蔵野ステークス GIII 中央 東京競馬場 ダート1600m
みやこステークス GIII 中央 京都競馬場 ダート1800m

【ジャパンカップダート 阪神競馬場 ダート1800mの特徴】

ジャパンカップダートコース

スタート地点は正面スタンド前直線の右。スタートしてすぐに上り坂があるのが特徴。第1コーナーまでの距離は303mしかなく、坂を上りながら厳しい先手争いが予想される。
坂を上ってからは第3コーナーまでほぼ平坦。第3コーナーでゆるやかに下り、再び平坦になって第4コーナーを回る。
最後の直線距離は352.5mとなっている。